自宅に税務調査が入ったので完全武装で勝利した話【在宅ワークでも来る】

メールレディでも税務調査は来る

メールレディは収入が低いから、税務調査なんてきませんよね
絶対に来ないとは言い切れません。現実に私の家にはきました
メールレディだから税務調査なんか来ない
そのように考えている人があまりにも多すぎます
たしかに、法人などと比べて税務調査が入る確率はかなり低いといえます
しかし、来る時は来ます!
実際に、我が家へ来た時の話を含めて、どのように対処すればいいか今回はアドバイスを送ってみようと思います

まず申告しているかどうかが重要

無申告

収入がいくらないからといって、一年で20万円以上報酬を得た場合は、課税対象になります

当然、確定申告に行かなければなりません

もし、申告にしていないのであれば・・・

 

税務調査が来た時には、間違いなく脱税として扱われます

稼いだお金だから、何か物を購入したり、外食をしたり

その時の領収書を保管してあって、さらに申告を済ませているのであれば、怪しい経費でも割と通ったりします

 

しかし、申告をしていないとなれば別です

税務調査が入れば、ほぼ100%の確率で完全にアウトになるのです

無申告の場合は、当然ペナルティが課せられます

 

無申告の場合のペナルティ

無申告による罰則

皆さんのなかで、メルレで稼いだ報酬を悪意的に申告していないのであれば、バレたときに次のペナルティが課せられます

 

  1. 延滞税
  2. 無申告加算税
  3. 重加算税

 

特に、重加算税は非常に重いペナルティとなり、最高40%の税金をかけられます

これにより、稼いだ金額より支払う方が大きかったなんてことにもなりかねません

だから、申告は必ずした方が良いのです

 

税務調査は怖くない

しかし、税務調査というのは、普通に申告してればそこまで怖いものではありません

法人の場合、怪しい領収書があれば突っ込まれますし、金額も大きいのでかなりの痛手を負うこともあります

けれど・・・メールレディの場合は年間100万円稼げば良い方でしょう

 

当然、経費の額もたかが知れています

家族と外食に行き、そこで貰った領収書は会議費などで経費として落ちます

しかし、正確にはメールレディの仕事とは関係ない費用ですから、当然費用として計上できません

 

ところが、やはり金額が少ないと、税務署もわざわざそこを指摘しません

経費で怖いのは家電や車の購入費

ただ、やはり金額の大きいものは、当然あれこれ聞いてきます

個人の在宅ワークで多いのが、車両や家電の購入費です

これらは金額が大きいので、万が一経費として認められなかったらかなり痛い結果となります

 

私の場合、スマホを一括で購入したので、支払い月の通信費が一気に跳ね上がった時があります

税務調査官は、そこをかなり突っ込んできました

ただ、携帯電話は必ず必要なので、最終的には(当たり前ですが)経費として計上してもらえました

 

エアコンの購入費についても、壊れたので暑くて仕事にならない

だから、ホームセンターで高額の領収書を切ることになったといえば通りました

家電で突っ込まれたらどのように切り返すか?

とにかく、怪しい家電とかあったなら、必死になって考えなくてはなりません

メールレディの仕事との関連性を・・・

そこで、私ならこのように切り返すという例を書いていきたいと思います

 

まずTV

メールレディの仕事は、とにかく相手とのメールを続けることが重要です

だから時事のことも詳しくなくてはならないし、芸能関係のゴシップについても知っておく必要があります

 

知ることで、男性とのメールに役立つからです

以上の理由からTVは仕事に必要となります

 

次にトースター

これは非常に苦しい言いわけになるかも知れません

実際、トースターなんて購入してないので、成功するかどうかは分かりませんが、仕事に使うことと関連付けるとすれば・・・

 

メールレディの仕事は、どんな時間帯でもできます

夜中は特に多くの男性が暇しているので、稼ぐチャンスになります

だから、夜食をいちいちコンビニで購入してては、稼ぐ機会を無くします

 

そこで、手軽に家で食べれて、さらにコンビニでご飯を買うよりも安いパンを家で食べることにしました

かなり苦しいけど、一応関連性はあります

 

ただ、これが車の場合は、関連性が全く見当たらないので、メルレでの費用しては計上できないでしょう

 

自宅に来たらとにかく断れ

税務署が自宅にいきなり来たら、まず理論武装する時間を稼ぐ必要があります

とにかく、その日は予定が入っていてどうしてもダメだから次の月にして欲しいといえば、案外簡単にOKしてくれます

 

その間に、領収書関係を見て、危なそうなもの(メールレディの仕事とは関連性の無さそうな領収書)について、言いわけを考える必要があります

ただ、完全に断ることはできないので、とにかく丁重にその日帰ってもらうことに専念しましょう

 

まとめ 無申告メールレディは必ず申告しよう

まとめると、領収書を取っておき、必ず申告をすれば大丈夫です

ただ、無申告の場合は、一切の言いわけ(知らなかったは理由にならない)ができないので、まず無申告メルレは申告をしてください

その後、家の領収書をかき集めて(1月1日から12月31日まで)確定申告に行くことをしてください

 

それさえすれば、後はどのようにも言いわけできるはずですから

あ、最後に当然ですが・・・ホストクラブの飲み代などは絶対に通らないので注意しましょう

 

 

おすすめの記事