メルレの宿命

連絡先やアドレスを教えなくてもいい・・・?

連絡先は教えない

メールレディ初心者です!よく最近アドレス交換を男性から言われるのですが、それって応じないとダメですか?何度もメールしてくれている人なんで、断ると申し訳ないのですが・・・。
する必要なし!メールアドレスやラインのIDなんかを教えてしまうと、最悪利用規約違反でアカウントを削除されたりする場合もあります。また、一度相手に個人の連絡先を教えてしまうと、二度とサイトを使っての連絡をしなくなります

ある程度サイト内で仲良くなってくると、相手の男性からメールアドレスを教えて欲しい

今なら、ライン交換をして欲しいと言われたりします

メールレディの宿命ってやつです

 

テレフォンレディなら、電話番号を教えるから直接かけてと言われたりするのですが、これについてどのように対処していけばいいか教えたいと思います

教えてもOKなサイトは存在するか?

個人間でアドレスを交換するくらいなら、運営側は何も言わない

違います

メルレと男性がサイト外でやり取りをすることについて、どのサイトも禁止しているはずです

メルレサイトは出会い系サイトではない

では、サイト外でやり取りをすることを禁止しているのでしょうか?

まず一番の理由は、出会い系サイトではないからです

ワクワクメールやハッピーメールであれば、連絡先を交換することについて、何ら問題はないでしょう

 

しかし、メールレディサイトは、出会い系サイトでない場合が多い

モコムもクレアもFAMUも出会い系サイトとして、届出を出していないわけです

つまり、男女間の出会いを提供しているわけではないので、サイト外のやり取りを禁止しているのです

サイト外でやり取りして得をするのは男性だけ

サイトを通さないで、男性とやり取りをしても、貴女には一円のお金も入ってきません

もちろん、サイトの方にも同様のことがいえます

つまり、無料で貴女と連絡が取れる男性が得するだけなのです

 

また、直接やり取りを認めてしまうと、サイトを利用する男性がいなくなってしまいます

だから、運営会社は直アドのやり取りを厳しく取り締まります

まとめ 法的にもサイトのためにも直接やり取りはNG

まとめると、出会い系の届け出をしていないサイトが、男女の出会いを提供してはならない

また、サイトの外で会おうが電話しようが、メールしようが、ラインしようが

そんなことは、個人の自由なのですが、サイト側としては、それをやられるとデメリットしかないので、外でのやり取りはNGとなります

要するに、教える必要もないし、教えてはダメだということ

そこはしっかり認識しておきましょう

 

アドレスを聞かれたときの対処法

それでも、絶対に連絡先を交換しようといってくる男性は後を絶ちません

しかし、彼らはメールレディにとっては敵

サイトからしても敵

 

ルールを守らない非常識野郎なわけです

そこで、この不埒な連中をどのようにして対処していくか書いていきます

対処1 徹底的に無視する

今後、自分にとって何の得にもならない

サイト内でのやり取りをしてこない男性

よほどのイケメンでもない限り、切り捨てても問題ないはずです

 

そうです

一番の対処法は、直接やり取りを持ちかけられたら、きっぱり断ってブロックするか

若しくは、運営に通報する

 

つまり、徹底的に相手にしない

無視を貫き通すことです

ただ、なかなかそこまでできないんですよね

 

相手に悪いからとか、ラインのIDくらいと思ってしまうのも理解できます

そこで、ラインのIDを聞かれた場合は、カカオIDを教えてみてはいかがでしょうか

対処2 カカオIDなら教えても困らない

最近ではlineが流行したおかげで、メールアドレスを聞いてくる人はあまりいません

ライン

代わりに、ラインのアドレスを聞いてくる人が増えてきました

個人的な感覚ですが、10人中9人は、ラインのアカウント、若しくはカカオIDを聞いてきます

カカオIDというのは、非常に分かりやすく言うと、昔のフリーメールと同じ感覚です

XX-MAILというものがあったのを覚えていますか?

モバスペを運営している株式会社リファーの提供する、フリーメールサービスです

カカオについては、ラインのアカウントを教えなくても、カカオIDで相手とのやり取りをすることができます

ラインを携帯番号で登録している人には、お勧めできます

 

 

まとめ 相手が継続してお客になるなら教えるのもOK

個人的には、メールアドレスを教えていた頃の時代だと、何通か送ってきて無視していれば、相手は怒って文句を言ってさよならできるか、そのまま消滅するパターンしかなかったように思えます

ところが、ラインの恐ろしさの一つに、無料通話機能が付いています

 

ラインというのは、非常に優秀なツールで、相手に対して、送られた文章を読めば既読が付き、先方に分かるように出来ています

つまり、既読さえついていれば、相手もそこまで怒らすことはなかったのですが、無料通話がある以上、引切り無しに電話をされるリスクを抱えることになります

 

本当に縁を切りたくない男性で、さらに、電話をしないと確約をしてくれる人であれば、教えても良いでしょう

若しくは、その人専用(メルレ専用)のアカウントを取得して、たまにログインするのも悪くないかも知れません

ところが、ログオフしている時は、相手から来たラインについては、表示することが出来ない弱点もあります

そこで・・・やはりカカオIDを利用する方が得策でしょう

 

友人とはライン、メールレディはカカオで

友人や知人との連絡については、ラインで行えばいいと思います

メルレ用に使うのであれば、ラインで別アカウントを取得するより、カカオIDを使用すれば良いでしょう

カカオIDであれば、本当に男性とのやり取りが煩わしくなったり、切りたくなった時は、アカウントごと削除すれば良いのですから

 

ただし、相手がカカオについて知っていないと、有料サイトへの誘導だと思われる可能性もあります

ラインは、友達や家族としかしてないから、カカオなら教えられるよ!と前置きを入れておくと、不審に思われずに済みます

私の知人は、カカオIDを教えて、定期的にメンテナンスみたいに、アカウントを削除して変えていました

 

大体、一人の男性会員とメールの付き合いをしても、1週間くらい経てば、相手から去っていきます

以上のことから、メールレディをしていて、相手から連絡先を聞かれたら、カカオIDを教えればいいということが分かっていただいたかと思います

 

個人的な意見でまとめると

では、本当にメールレディは、アドレスなどの連絡先を教える必要があるのか?

メアドについて、私はこれまで教えたことがありません

もちろん、携帯電話の番号や、名前ですらないのです

 

何故なら、いちいち個別に対応していたら、キリがないということ

男性の大半は、ポイントを支払いたくないのです

だから、てっとり早くサイト外での連絡を求めてきます

 

しかし、私たちの使命は何でしょうか?

悪い言い方をすれば、男性にお金を使わせることです

運営サイトを稼がせることこです

 

それにより、お給料という形で恩恵が受けられるのです

また、出会い系などで知り合った主婦が、子供を放置して餓死させた事件も過去ありました

もちろん、サイト内で出会った男性が素敵で、結婚したいと思うのは、当然です

 

メールレディも、ただの女の子です

10代20代であれば、当然恋をします

30代40代50代であっても、やはり旦那より素敵な人がいれば、魅かれて当然なのです

 

しかし、稼ぐということを考えた時、本当にアドレスを教えることが、正しいのか?と言われたら、私は断固としてNO!と言い続けるでしょう

何故なら、サイトを通してないメールのやり取りは、一銭にもならないからです

 

貴方が、男性にそこまで惚れこんで、お金を使わせたくないのであれば、どうぞアドレスでも何でも教えてあげてください

しかし、お金が欲しいのであれば、アドレス等を聞く男性は、軽くあしらうべきです

それでも聞いてくる男性は、とことん引っ張ってやりましょう

 

男性会員は、いくらでも新規登録して入会してきます

無理に、メアドや、連絡先を教えなければ、縁が切れるような男であれば、面倒なだけなので、切ってしまうのが正解なのではないでしょうか

 

 

おすすめの記事